聖光学院・須田「体が勝手に反応した」 起死回生の9回同点弾

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―弘前工】9回表聖光学院1死、須田の本塁打で同点に追い付く

 土壇場の9回に同点本塁打を放った聖光学院の須田優真(3年)。「甘い球がきたら思いっきり振ろうと思っていた。体が勝手に反応した」と勝利に安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 好機であと1本が出ず1点をリードされたまま迎えた最終回。仲間の期待を一心に受けた須田が強振した打球はレフトスタンドに吸い込まれ、その後の延長逆転勝利を生んだ。

 本塁打は昨年秋の東北大会決勝以来。「調子は良くなかったが自分のやるべきことをやろうと思った結果」と、チームを救う一打で自信をつかんだ。

 【6月8日の福島県代表・試合結果】春季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン