昌平、光洋県大会へ 秋季高校野球支部予選

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第67回秋季東北地区高校野球県大会の支部予選は28日、県北、いわきの2支部で7試合を行った。いわき支部は昨秋の県大会で準優勝の東日大昌平が4--1で磐城、春の県大会で準優勝のいわき光洋が6--0で福島高専を破り、県大会出場を決めた。県北支部は梁川が延長十回の末、4--3で橘にサヨナラ勝ち、夏の福島大会2回戦の雪辱を果たした。本宮は4--3で粘る福島南に辛勝した。29日は県北、県中、県南、いわき、相双の5支部で13試合を行う。相双支部は県大会出場を懸けて原町と小高工が決勝で対戦。県中と県南のそれぞれ代表2校、いわきの代表1校が決まる。

民友セレクション