須賀川など3校、県大会へ 秋季高校野球支部予選

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第67回秋季東北地区高校野球県大会の支部予選は30日、県南、会津の2支部で3試合を行い、県南の須賀川と白河旭、会津の喜多方桐桜が県大会出場を決めた。雨天のため会津のほかの2試合が順延となったほか、県北、県中、いわき、相双の11試合が順延となった。31日は全6支部で17試合を行う。

 相双は県大会出場を懸けて原町と小高工が決勝で対戦。県北は代表4校、県中、いわきは代表2校、県南、会津は代表1校が決まる。