須賀川、只見と投手戦制す 1番・佐藤が"勝ち越し演出"

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【須賀川―只見】8回裏須賀川1死三塁、スクイズで勝ち越しのホームを踏み、右手を突き上げる佐藤=いわきグリーンスタジアム

 第67回秋季東北地区高校野球県大会第2日は12日、郡山市の開成山球場、いわき市のいわきグリーンスタジアムで1回戦5試合を行い、須賀川は3--2で只見に競り勝った。光南は4--3で帝京安積に9回サヨナラ勝ち。昨秋の県大会の王者日大東北は6--0で郡山商を、夏の福島大会で9連覇した聖光学院は9--0の7回コールドで安達をそれぞれ破った。会津は6--0で喜多方桐桜との会津勢対決を制した。大会第3日の13日は両球場にいわき市の平球場を加えた3球場で1回戦6試合を実施する。大会第4日の14日は3球場で2回戦8試合を行い、ベスト8が決まる。

 ミスは鋭い洞察力や判断力でカバー 

 味方のミスは鋭い洞察力や判断力でカバーする。1点の重みが増す投手戦で須賀川のチームワークがわずかに勝った。

 2--2の同点で迎えた8回1死。1番佐藤健太(2年)が低いライナー性の当たりを放ち、勝ち越しの好機を演出すると、続く1ストライクの場面で真価を発揮した。打席の矢内夏哉(同)に送られたサインはスクイズだったが、三走佐藤は矢内の様子から指示が伝わらなかったと感じてスタートを自重。その予想は的中した。仕切り直しての次の1球で矢内がきっちり三塁線に転がし、佐藤が決勝のホームを踏んだ。

 大会前に軟投派左腕を想定して、100キロ前後に設定した打撃マシンで対策を練ったが、打線はわずか6安打にとどまった。その中で佐藤は打席の立ち位置を変えるなど工夫し2安打2得点の活躍。「いい判断ができたし、出塁する役割も果たせた」と胸を張った。

 姉彩菜さん(21)は2011(平成23)年、夏の福島大会で準優勝した須賀川のマネジャー。勝利の女神ともいえる存在から入学後に、「甲子園に出場してほしい」と夢を託された。「東北大会、センバツを目指したい」。開眼したリードオフマンの目つきが一段と鋭くなった。

       >>>> 《 9月12日の試合結果 》
◎―― いわきグリーンスタジアム ――◎
      須賀川、少ない好機に着実得点 一丸で只見破る
 ▽1回戦
只見
0
0
0
2
0
0
0
0
0
2
須賀川
2
0
0
0
0
0
0
1
×
3
                                            
      光南が9回にサヨナラ 帝京安積、一歩及ばず
 ▽1回戦
帝京安積
0
0
1
0
0
0
0
2
0
3
光南
1
0
0
2
0
0
0
0
1x
4
                                            
      会津・増井が喜多方桐桜を完封
 ▽1回戦
喜多方桐桜
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
会津
0
0
0
0
3
2
0
1
×
6
                                            
◎―― 開成山球場 ――◎
      聖光学院、投打がっちり 安達を7回コールド
 ▽1回戦
安達
0
0
0
0
0
0
0
 
 
0
聖光学院
1
2
2
0
2
2
×
 
 
9
                                            (7回コールド)
      日大東北13安打で快勝 磯上、8回まで郡山商を無安打
 ▽1回戦
郡山商
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
日大東北
0
0
1
0
1
0
2
2
×
6