学法石川がサヨナラ勝ち 延長11回、磐城との投手戦制す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【磐城―学法石川】11回裏学法石川1死、サヨナラのホームを踏む1走笹島。捕手芳賀=開成山球場

 第67回秋季東北地区高校野球県大会第3日は13日、郡山市の開成山球場、いわき市のいわきグリーンスタジアム、平球場の3会場で1回戦6試合を行った。学法石川は延長11回の末、3--2で磐城にサヨナラ勝ちした。福島北は4--2で福島高専を破り、23年ぶりの初戦突破。白河旭は7--4で清陵情報との県南勢対決を制した。昨秋の県大会で準優勝の東日大昌平は7--1で郡山東に快勝。田村は8--1の7回コールドで福島、学法福島は11--1の6回コールドで相馬をそれぞれ下した。

 拳を突き上げ喜び

 学法石川の3番溝口英輝(2年)が放った打球が緊迫した投手戦に幕を下ろした。2--2で迎えた延長11回1死一塁、「初球見逃した直球が頭にあった。体が反応した」とつなぐことだけを考えバットを握り直し、外角の直球をセンター方向にはじき返した。一塁ベースを蹴ると、一走笹島敬人(2年)が本塁にかえる姿が見え、拳を突き上げ喜びを爆発させた。

 左投手に強いうえ、調子が上向きだったこともあり、初めて3番に抜てきされ、最高の結果を残した。「何とか一打を放ちたかった」。第4打席まで打ち取られ、熱投を続けるエース北郷辰憲(同)の背中を歯がゆい思いで見詰めていたが、「最後の最後で援護できた」と表情を崩した。

       >>>> 《 9月13日の試合結果 》
◎―― 開成山球場 ――◎
      学石サヨナラ 磐城と投手戦
 ▽1回戦
10
11
磐城
0
0
0
0
0
2
0
0
0
0
0
2
学法石川
0
0
0
0
0
0
0
2
0
0
1x
3
                                            (延長11回)
      学福、相馬にコールド勝ち
 ▽1回戦
相馬
0
0
1
0
0
0
1
学法福島
1
0
5
0
4
1x
11
                                            (6回コールド)
◎―― いわきグリーンスタジアム ――◎
      白河旭が接戦制す 清陵情報、好機フイ
 ▽1回戦
清陵情報
1
0
3
0
0
0
0
0
0
4
白河旭
2
0
3
1
0
0
0
1
7
                                            
      昌平、郡山東から着実加点
 ▽1回戦
東日大昌平
0
1
0
2
0
1
2
1
0
7
郡山東
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
                                            
◎―― 平球場 ――◎
      攻めた田村、福島東を破る
 ▽1回戦
福島東
1
0
0
0
0
0
0
1
田村
0
0
1
4
0
1
2x
8
                                            (7回コールド)
      福島北、競り勝つ 高専、リード守れず
 ▽1回戦
福島高専
0
0
0
0
2
0
0
0
0
2
福島北
0
0
0
0
4
0
0
0
4