いわき光洋、逆転弾実らず "東北切符"懸けて次戦へ闘志

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院-いわき光洋】2回表いわき光洋2死一、二塁、園部が逆転の3点本塁打を打つ

 「打った瞬間、入るのが分かった」。いわき光洋の園部佳太(1年)は2回の第2打席に放った公式戦初となる本塁打の感触を振り返った。

 目が覚めるような逆転の一発だった。初回に1点を先制しながらも直後に3点を奪われ逆転を許す苦しい展開。「負けていたので流れを変えたかった」と2死一、二塁の好機に相手投手の配球に考えを巡らせ、狙い球を絞った。投じられた内角低めの変化球。「読み通り」とバットを振り抜くと、打球は快音を残して左翼スタンドに飛び込んだ。

 チームは敗れたが、悔しがっている暇はない。「自分のバットで勝利に導く」と、東北大会の切符を懸けた次戦にまなざしを向けた。