いわき光洋、失点に焦り 3回に7失点、来春の雪辱を誓う

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわき光洋-福島商】2回表福島商1死満塁、マウンドに集まるいわき光洋のエース宮田(左から2人目)主将緒方(中央)らナイン

 カウントを取りにいった甘いボールを次々に痛打され、1点、また1点と失点を重ねた。「腕が振れなかった」。いわき光洋の左腕宮田懸(2年)に大一番で試練が訪れた。

 準決勝で左肘に死球を受けた。痛みが残りながらも「自分しかいない」と志願したが、待ち受けていたのは3回7失点の厳しい現実だった。

 主将緒方勇思(同)も「宮田は頼れるエース。気持ちを切り替えて援護したかった」と唇をかむ。打線は10安打で2得点。焦りが募り二つの盗塁死と、反撃ムードに水を差す形となった。

 「来春は県の頂点を目指したい」。宮田と緒方は雪辱を誓った。