聖光学院、初戦へ気引き締め 第1代表として東北大会に挑む

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
入場行進する2年ぶり15度目の出場の聖光学院

 2年ぶり15度目の東北大会出場を果たした聖光学院。県大会ではエース鈴木拓人(2年)、4番鎌倉誠(同)を中心に他チームを投打で圧倒。3年ぶりに秋の県王者に返り咲き、第1代表として挑む。松本康希主将(同)は「センバツを目指して自分たちの泥臭い野球を最後まで貫き、優勝する」と決意を語った。

 県大会後、勝負どころでのミスを減らす練習に時間を割き、守備では選手一人一人が「1球への執念」を意識して取り組んできた。「個々の力は劣るが、全員野球で勝利をつかむ」と初戦に向けて気を引き締めた。