学法石川1年生・藤田が一矢 「このままでは終われない」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法石川-盛岡大付】7回表学法石川無死三塁、左前に適時打を放つ藤田

 7回の好機で打席に立った学法石川の藤田航輝(1年)は左前に適時打を放ち、岩手第一代表に一矢報いた。

 1メートル90センチの長身から繰り出される盛岡大付の先発井上涼平(2年)の角度のあるボールを前に、得点圏に走者を進めるが1本が出ない苦しい展開を強いられた。7回無死三塁、「このままでは終われない」と直球に狙いを絞ると、甘く入った球を見逃さず振り抜いた。

 「本当は長打を狙っていたが、球の力に負けてしまい安打になった」と力の差を痛感した藤田。「好投手からでも長打を打てるパワーを身に付けたい」と雪辱を胸に球場を後にした。