聖光学院、投手陣の仕上がり課題 斎藤監督「完成度まだまだ」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「対戦相手よりも自分との闘いが大事」。秋の県大会連覇を狙う聖光学院は夏の甲子園で8強に進出したため、新チームの始動が8月21日からとスタートが遅れた。「チームの完成度はまだまだ」と斎藤智也監督は冷静に分析する。

 新チーム移行後は常総学院(茨城)や鶴岡東(山形)などの強豪と練習試合を行い試合感覚を磨いた。

 投手陣の仕上がりが課題。「ずば抜けた投手はいないが、数人試したい」と斎藤監督。「夏までの成績は先輩が築いたもの。一度チームをゼロにして立て直す」と初戦に挑む。