小高工、8回勝ち越し 公式戦初打席の佐々木が決勝タイムリー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【須賀川桐陽―小高工】8回裏小高工2死一、二塁、代打佐々木の適時打で小野が生還し勝ち越し=鶴沼球場

 小高工が終盤に勝ち越し初戦を突破した。

 小高工の佐々木涼(1年)が公式戦初打席で決勝打を放った。

 8回の好機で代打に送られると、ファウルで粘った末に中前打。「たまたまです」と笑いながらも手応えを感じた様子だった。試合に出たい気持ちが募っていた。同じ捕手のポジションには「守備がうますぎる」と尊敬する主将の石附享(2年)がいる。それでも「打撃では負けたくない」。勝負どころでその力を発揮した。

 初めての公式戦で「普段練習でできていることができなかった」など学ぶことは多くあった。佐々木は次戦に向け「『行け』と言われたら期待に応えられるようにしたい」とさらなる成長を誓った。