東日大昌平、郡山商突き放す 次戦の王者・聖光学院戦へ闘志

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【郡山商―東日大昌平】7回裏東日大昌平1死二、三塁、右越え適時二塁打を放つ酒井

 東日大昌平が終盤の大量得点で郡山商を突き放し初戦を突破した。

 東日大昌平は同点で迎えた7回、先頭打者の新田をはじめ、梨本、酒井、鈴木友が安打を固め、さらに敵失も絡んで5得点した。

 「目指す野球はできていない」。東日大昌平の酒井進吾(2年)に満足感はなかった。

 同点に追いつかれた直後の7回、高めに浮いたスライダーを捉え、勝ち越しとなる右越え適時二塁打を放ったが「練習で取り組んでいるセンター方向に打てていない」と反省。遊撃手を務める守りでも失策し「次からノーエラーで行かないと」と苦い表情を浮かべた。

 次戦の相手は王者聖光学院。酒井は「自分たちの野球を貫けば勝てると信じている」と闘志を燃やした。