日大東北が平工を振り切る 磯上「動じることなく投げられた」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【平工―日大東北】8回途中無失点で勝利に貢献した日大東北の磯上=鶴沼球場

 日大東北が苦しみながらも平工との一戦を制した。

 日大東北の磯上海大(2年)は8回途中無失点。「ピンチでも動じることなく投げられた」と語った。

 今夏の福島大会では思ったような結果を出せなかった。制球力の大切さを再確認しフォームを調整。また、ピンチを迎えた時には「ギアを上げる」投球を心掛けている。最高学年として「恥ずかしいところは見せられない」と責任感も増した。

 夏までエースナンバーを背負っていたが、今大会での背番号は10。1番への思いはあるが、今の最大の目標は同校初となるセンバツ出場だ。磯上は「(投手陣の)4人で0点に抑える。任されたイニングをしっかりやりたい」と次戦を見据えた。