いわき光洋、相馬との接戦制す 園部「今年こそは東北大会に」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【相馬―いわき光洋】3回表いわき光洋2死一、三塁、適時打を放つ園部

 いわき光洋が相馬との接戦を制した。

 いわき光洋の4番園部佳太(2年)は2安打1打点と勝利に貢献したが「タイミングが合わなかった」と笑顔はなかった。

 高校通算本塁打は30本を超え、注目を集める主砲だが、他校の好打者の活躍が刺激になっている。友人でもある聖光学院の瀬川航騎(同)が前日に本塁打を放ったため「自分も、と狙ったが打てなかった」と悔し顔。

 新体制になってからは主将も務め、チームを先導する。いわき光洋は昨年の大会では4強入りしたが東北大会出場はならなかった。園部は「今年こそは東北大会に」と力強く語った。