聖光学院、学法福島に逆転勝ち 2年・佐藤晃が高校初本塁打

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―学法福島】6回裏聖光学院1死一、二塁、3点本塁打を放ちホームインする佐藤晃

 聖光学院が中盤の猛攻で学法福島に逆転した。聖光学院は逆転を許した直後の6回、先頭の須田が安打で出塁し、代打大平の適時打で同点。その後1死一、二塁で佐藤晃が3点本塁打を放ち、勝ち越した。

 高校初本塁打は試合を決める一打となった。聖光学院の佐藤晃一(2年)は6回に左翼への3点本塁打。「少し詰まった。レフトフライだと思ったのに」と驚きを隠さなかった。

 内角のスライダーを振り抜いた。体勢が崩れ「やってしまった」と凡退を覚悟し、一度うつむいたが、三塁の塁審の動きを見て本塁打と分かった。

 チームは初の逆転勝ちとなった。佐藤晃は「追う展開になってから雰囲気がよくなった」と勝因を分析。「いい経験になった」と満足した表情だった。