学法石川、いわき光洋の猛追退ける 金城が先制の二塁打放つ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法石川―いわき光洋】4回表、先制打を放った後に生還し、仲間とハイタッチする学法石川の金城=あいづ球場

 学法石川が接戦を制しいわき光洋を破った。学法石川は4回、1死一、二塁から金城の適時打で先制。暴投と荒川の適時打もあり、計3点を挙げた。エース尾形と永成の投手陣がいわき光洋の猛追を退けた。

 4回に先制の適時二塁打を放った学法石川の金城春樹(2年)は「今日は自分のスイングができた」と喜びをかみしめた。

 県大会では仲間が演出した好機でバットが振るわず、もどかしい気持ちを抱いて挑んだ準々決勝だった。「自分が絶対に先制点を挙げようと思っていた」。金城は狙い通りに外角真ん中の直球を左中間にはじき返し先制。後続打線が金城をホームにかえすと、笑顔でベンチの仲間に駆け寄った。

 準決勝の相手は聖光学院。「挑戦者の気持ちで思い切りぶつかっていきたい」と気を引き締めた。