福島商・栗原、敗戦をバネに闘志 「明日は粘って勝ちたい」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島商―日大東北】7回表福島商1死一塁、左前打を放つ渡辺烈

 福島商の先発栗原稜太(2年)は「点を取られてから焦りがあったのかもしれない」と言葉少なだった。

 初回、好打者に対して低めへの投球を意識するあまり「力んでしまった」と連続四球を与えリズムを崩した。変化球がうまく決まらなくなり、甘く入った直球を運ばれた。

 背番号1を背負いながら、主将と打線の主軸も務める。「プレッシャーはある」と認める一方で「1人でやらず、みんなを信じて落ち着いて投げなければ」と反省した。

 しかし、まだ東北大会出場が懸かる3位決定戦が残っており、落ち込んでいる時間はない。栗原は「今日の試合をいい経験だったと思えるように、明日は粘って勝ちたい」と気持ちを切り替え、前を向いた。