日大東北、福島商に5-1快勝 磯上、公式戦・最速140キロ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島商―日大東北】7回途中1失点と好投した日大東北の先発磯上=あいづ球場
準決勝
1
2
3
4
5
6
7
8
9
福島商
0
0
1
0
0
0
0
0
0
1
日大東北
1
3
0
1
0
0
0
0
X
5

 日大東北が序盤に得点し、福島商を5-1で破った。日大東北は初回、1死満塁の好機で小宮が適時打を放ち先制。2回に磯上の適時打と鈴木の適時三塁打で3点を追加し、福島商を突き放した。

 「70点」。今大会3戦連続の登板となった日大東北の磯上海大(かいと)(2年)は、7回途中まで6奪三振5安打1失点と、先発の役割を果たしながらも自らの投球に満足感はなかった。「7回の四球、2ストライクからのボール球を出してしまったことに納得がいかない」と厳しく自己採点した。

 夏の大会では体の力みから制球力に苦しんだ磯上。秋の支部予選前に中村猛安監督のアドバイスで投球フォームを改善し、上半身をリラックスさせて投げることで、球に切れ味を持たせた。左足を上げる角度、左手の引きなど細かな部分も微調整した。

 この日は切れのある直球とカットボールを低めに集め、福島商打線を翻弄(ほんろう)。直球がさえ、公式戦自身最速となる140キロをたたき出した。

 決勝の相手は夏の福島大会準決勝で敗北を喫した聖光学院に決まった。あの日流した涙を忘れたことはない。「悔しさを忘れては絶対だめだと思った」と、その試合の動画を毎日欠かさず見てきたという。

 「先輩の分もリベンジを果たしたい」と磯上。チームをけん引し、2年ぶりに優勝旗を持ち帰ることを誓う。