日大東北、頂点にあと一歩 単打でつなぐ野球、粘りも及ばず

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【日大東北―聖光学院】8回裏日大東北1死一、二塁、宮脇の適時打で二走菅原が生還

 5回の3者連続安打からの得点は、日大東北が目指す野球だった。頂点にあと一歩及ばなかったが、単打でつなぐことをテーマにした自分たちの野球に手応えを感じた。

 4番を務め、初回の犠飛など1安打2打点を挙げた日大東北の宮脇翔大(2年)は「自分は単なる4番目の打者」と気負いなく、チームのための打撃を心掛けている。

 宮脇にとって技術面だけでない聖光学院の強さを知った試合だった。「見習わないといけない」。攻守交代の際に荒れたグラウンドを直してベンチへ向かう様子など、「県で一番になる姿勢」だと思った。

 勝つに等しいチームになるために。「福島で一番応援されるチームになって、聖光を超えていきたい」。宮脇はライバルへ敬意を払いながら、技術面だけでなく、精神面でもさらなる成長を誓った。