福島商、東北大会届かず 僅差の勝負...チーム力の底上げ課題

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島商―学法石川】2回裏福島商、三塁打を放った後、暴投で生還する岩谷

 福島商の岩谷英旺(ひであき)(2年)はこの日2打数2安打。2回に三塁打を放ち、チームに先制点を呼び込んだが、「気持ちの弱さから、甘い直球を何度か見逃してしまった」と反省を口にした。

 「序盤に叩いて、ペースに乗せないようにしよう」。福島商ナインは学法石川のエース尾形崇斗(しゅうと)(2年)対策を試合前のミーティングで確認し合っていた。だが、先制点を挙げたものの、その後は波に乗れず、僅差の勝負を落とした。

 福島商ナインの半数は1年生が占める。「試合経験の少ない1年生を精神面で引っ張り、どんなチームにも負けないよう練習していく」。チーム力の底上げを課題に岩谷は春を見据えた。