聖光学院・斎藤、好投『9奪三振』 逆転を信じ...8回1失点

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―利府】8回1失点9奪三振と好投した聖光学院の斎藤

 聖光学院の2番手でマウンドに上がった斎藤郁也(2年)は8回を投げ五者連続を含む九つの三振を奪う好投。「苦しい場面でも抑えれば逆転してくれると信じて投げた」と満足げだった。

 勝利を目前にした9回に失点したが、その後は立て直した。延長12回の勝ち越した直後には自身の失策から無死三塁のピンチを招いたが、落ち着いていた。「いつも通り投げよう」と持ち前の強気な投球で後続を断ち切った。

 県大会、国体と登板機会は少なく「使ってもらえなくて悔しかった」と打ち明けながらも「1番を付けて投げたい」と力強く目標を語った。