日大東北・磯上が好投 フォームを修正、次戦へ反省も忘れず

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【日大東北―東陵】6回途中1失点で試合の流れをつくった日大東北の磯上=天童市スポーツセンター球場

 日大東北の先発磯上海大(2年)は6回途中1失点と好投したが、「決めにいった球が外れてしまった」と反省を忘れなかった。

 「三振を取りたいところで取れた」と5奪三振。しかし3回には3四球を与え、押し出しで失点した。「次の球で決めたい気持ちが出てしまった。冷静さを失っている」と精神面での課題を口にした。

 それでも、夏の福島大会後に力みのないフォームへと修正したことで、球速が上がるなど調子は上向いている。次戦は強豪・盛岡大付が相手だ。「いい形で初戦を突破できたので次も一戦必勝の気持ちでいきたい」と気を引き締めた。