日大東北『脅威の粘り』...猛追も届かず 盛岡大付に競り負け

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【日大東北―盛岡大付】7回表日大東北2死一、二塁で右中間へ三塁打を放つ鈴木=天童市スポーツセンター球場
準々決勝
1
2
3
4
5
6
7
8
9
日大東北
0
0
0
1
0
1
3
0
0
5
盛岡大付
1
1
0
0
0
5
0
0
X
7

 中盤に大量失点した日大東北が盛岡大付に競り負けた。

 5点差を付けられ、あわやコールドかと思われた7回、日大東北が優勝候補を相手に脅威の粘りを見せ、球場をどよめかせた。

 1点を返し、なおも続く2死一、二塁の好機。新チームになり「打てば勢いに乗る」と言われ続けた鈴木大資(1年)が打席に入った。「思い切りスイングしよう」。初回の見逃し三振から切り替えて相手投手の投球を冷静に分析。直球に的を絞っていた。4球目。狙い通りの直球を振り抜き、右中間を深々と破る三塁打。2点差に詰め寄り、「終盤に強いチーム」の姿を東北大会の舞台で体現して見せた。

 この試合2本の三塁打で攻撃をけん引した鈴木だったが、「個のスイングや投球の全てで相手が上だった」と甲子園出場校の実力を肌で感じた様子。「冬は徹底的に鍛えてレベルアップする」。鈴木は悔しさを胸に刻み、雪辱を誓った。