聖光学院・堀田が好救援「緊張しない」 逆転への流れを生む

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―大曲工】9回裏大曲工1死二、三塁、聖光学院の堀田が投ゴロをさばき、捕手佐藤晃が本塁で三走をタッチアウト

 7回からマウンドに上がった堀田陸斗(2年)はテンポよく投げ込んで逆転への流れをつくった。

 9回には二つの失策からピンチを迎えたが、「あまり緊張しない」という強心臓で、落ち着いて乗り切った。今大会では初めてエースナンバーを背負って臨むが、特別な意識はないという。甲子園で背番号8を付けて好投した鈴木駿輔(3年)から受けた「マウンドに上がったらエースという気持ちで投げろ」という心得をずっと貫いている。

 目標のセンバツ出場に、また一歩近づいた。堀田は「次も今日のように流れを持ってこられる投球をしたい」と力強く語った。