聖光学院「新チーム」始動 甲子園出場・矢吹「悔しさ受け継ぐ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
チーム先導の覚悟を示した矢吹(手前)

 第99回全国高校野球選手権大会で16強入りした聖光学院の新チームが23日、本格始動した。同校グラウンドで練習し、新たなスタートを切った。

 甲子園で2年生として唯一ベンチ入りし、上位打線を打った矢吹栄希(はるき)は「先輩から日本一になってくれと言われた。チームに悔しさを受け継がなければならない」と引き締まった表情。「秋は神宮(大会)が目標。中心になってやっていきたい」とチームを先導する覚悟を語った。

 同校は秋季県大会県北支部予選の出場を免除されており、県大会から登場する。新主将は今後決まる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、光南破り3年連続17度目V 秋季高校野球福島県大会