ふたば未来が相双初V 秋季高校野球支部予選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第69回秋季東北地区高校野球県大会の支部予選は3日、県北、県中、会津、いわき、相双の5支部で計12試合が行われた。

 相双はふたば未来が9―6で相馬を下し、初優勝。県北は福島商、県中は日大東北、いわきは湯本がそれぞれ優勝した。

 福島東、福島、郡山、喜多方、会津工、東日大昌平、いわき光洋、原町も県大会出場を決めた。

 4日は会津と相双の2支部で3試合が行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦