「福島県大会」出場29校が出そろう 秋季高校野球支部予選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第69回秋季東北地区高校野球県大会の支部予選は4日、あいづ、相双の2支部で3試合が行われ、全6支部の日程を終えた。夏の甲子園出場で県北支部予選免除の聖光学院を含め、県大会に出場する29校が出そろった。

 あいづは決勝で喜多方桐桜が14―7で若松商を破り優勝。若松商、会津学鳳、相双は小高産業技術が県大会出場を決めた。

 県大会は前期が15~18日、後期が23~25日の計7日間、いわきグリーンスタジアム(いわき市)、SOSO.Rならはスタジアム(楢葉町)、ヨーク開成山スタジアム(郡山市)で開かれる。組み合わせ抽選会は8日、いわき市で開かれる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦