光南、延長15回の死闘制す 1年・金沢、間一髪『歓喜の生還』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【喜多方―光南】延長15回裏光南1死一、二塁、小野の内野安打でサヨナラのホームに生還する二走・金沢。捕手高橋=ヨーク開成山スタジアム

 光南が延長15回、小野の2試合連続サヨナラ打で喜多方との接戦を制した。

 引き分け再試合も見えた延長15回の土壇場で、仲間を信じ一丸となった光南が勝利をつかんだ。

 延長15回1死一、二塁の場面。「この回で決めたかった」と、主将の小野将吾(2年)がカウント1―1から狙い球の直球を振り抜いた。打球は、相手遊撃手が横っ跳びで止めたが、グラブから球がこぼれた。

 三塁コーチャー星達也(同)は相手守備のほころびを見逃さなかった。「星さんが腕を回していた。守備は見えなかったが何かあったと感じた」と、二走金沢翔太(1年)は星の指示を信じ三塁を蹴った。ヘッドスライディングの金沢が捕手を間一髪でかわし生還。土煙が本塁を包む中、光南ナインが歓喜の輪を広げた。

 【9月18日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる