学法石川エース・永成「完全試合」 直球武器に、5回参考記録

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―学法石川】5回無安打無四球の快投を見せた学法石川の永成=SOSO.Rならはスタジアム

 学法石川が投打で福島を圧倒した。投げては連投の永成が5回参考完全試合。福島は攻守でリズムに乗ることができなかった。

 学法石川の左腕永成廉(2年)が5回を無安打無四球の快投。最速138キロの直球を武器に7奪三振。「連投で疲れもあったが、力まずに投げられた」と、試合後自分の投球を冷静に分析した。

 前日の若松商戦でも先発し、13奪三振、被安打3で7回コールド勝ちに貢献した。この日も先発マウンドに上がり、ほぼ直球の配球で打者15人を49球で抑えた。

 4回終了後、上田勇仁監督から交代を告げられても顔を横に振り、最後までマウンドに立ち続けた。「わがままだったが、しっかり投げ抜きたい気持ちが上回った」と永成。エースの自覚と強い気持ちが記録を生んだ。

 【9月19日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず