光南・鈴木和、初マスク『奮闘』 聖光学院打線に得点を許さず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―光南】公式戦で初めてマスクをかぶり、チームを引っ張った光南の鈴木和

 光南は1、2回の好機で併殺に倒れ、守備では失策が失点に絡むなど悪い流れを断ち切れず決勝で聖光学院に敗れた。

 5回表から途中出場した、光南の捕手鈴木和之(2年)は、公式戦で初めてマスクをかぶった。突然だったが「やるしかない」と必死で指示を出し、チームを引っ張った。

 5回の守備で、親指の突き指を押して出場していた草野寛斗(同)が、捕球の際に再び指を痛め、急きょ鈴木が出場。この回は無失点で終えたが、ベンチでは草野が「そわそわしていた」と表現するほど動揺していたという鈴木。草野が「お前しかいない」と声を掛けると、不慣れながらもナインに指示を出し、交代した5回から8回まで聖光学院打線に得点を許さなかった。

 敗れはしたが、得たものも大きい。「自分も含め、チーム力が落ちない交代要員が必要」と気付いた。誰が出場しても勝てる戦力の重要さを身をもって実感した。鈴木は「今日みたいな展開でも力を発揮できるよう場数を踏みたい」と力を込めた。

 【9月25日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・最終日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手