聖光学院・須田、8回に決勝弾 粘投の衛藤...「助けたかった」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
8回表聖光学院1死、須田が勝ち越しの左越え本塁打を放つ

 エースにささげる一発だった。同点の8回、勝ち越しの本塁打を放った須田優真(2年)は「ベストなスイングができた」とひと言。額から滴り落ちる汗にうれし涙が混じった。

 大量得点で勝ち上がってきたこれまでとは一転、決勝は接戦となった。「嫌な空気が少しずつベンチに流れ始めた」(斎藤智也監督)。先制しながら、徐々にペースは相手へ傾き、エース衛藤慎也(同)は5回につかまりとうとう同点に。初の頂点に黄色信号がともる中、「苦しみながらも、投げ抜いてくれていた衛藤を助けたかった」と5番打者が燃えた。

 見せ場は同点で迎えた8回1死。低めの変化球に手を出し三振に倒れた前打席を思い出し「ストライクゾーンを高めに上げて、振り切ろうと思った」と須田。カウント1ボール2ストライクと追い込まれてから4球続いた変化球をしっかり見極めて粘り、8球目の内角の直球に勝負師の嗅覚が反応した。「体が勝手に動いた」。打球は薄曇りの空を切り裂くようにグングン伸び左翼ポール際へ。「1点をプレゼントできてよかった」。一塁を蹴り、ギュッと握り締めた右拳に思いの強さが表れた。

 準決勝の先制打に続き、2戦連続で殊勲打を放った千両役者は「神宮行きを決めたからには日本一を目指す」ときっぱり。まだ、夢の続きがある。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る