「秋季高校野球福島県大会」14日開幕 新生25チーム頂点挑む

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来春の「センバツ」出場につながる第70回秋季東北地区高校野球県大会は14日に開幕する。出場校は、県内6支部の予選を勝ち抜いた25校(県北5校、県中4校、県南4校、会津4校、いわき5校、相双2校、予選免除の特別枠1校)。熱戦が繰り広げられた夏の福島大会を終え、新チームとして始動した各校が、東北大会への切符と県の頂点を争う。

 大会は白河市の白河グリーンスタジアムをメイン球場に、ヨーク開成山スタジアム(郡山市)、あづま球場(福島市)の3球場で開かれる。大会期間は前期が14~16日、後期が22~24日の延べ6日間。開会式は14日午後0時30分、決勝は24日午前11時30分から、いずれも白河グリーンスタジアムで行われる。

 上位3校は県代表として10月12日から秋田県のこまちスタジアム、八橋球場で開かれる東北大会に出場する。

 【 組み合わせ 】秋季東北地区高校野球「福島県大会」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきサンシャインマラソンまで『100日』 カウントダウン開始