聖光学院、東日大昌平に快勝 7回コールド、小室が先頭打者弾

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東日大昌平―聖光学院】初回に先頭打者本塁打を放ちホームインする小室=白河グリーンスタジアム

 聖光学院が13安打10得点の猛攻、東日大昌平に10―2で7回コールド勝ちした。

 打球が右翼スタンドに吸い込まれると右手人さし指を高々と掲げた。公式戦の初本塁打。聖光学院の小室智希(2年)は「思わず(ポーズが)出ちゃいました」とはにかんだ。

 初回に先制を許したその裏の攻撃。先頭打者の小室は、2ストライクと追い込まれながらもうまく腕をたたみ、4球目のスライダーを振り抜いた。「内角の球にうまく反応できた」と一振りで相手の流れを断ち切り、2回の猛攻につなげた。

 愛用のバットは引退した矢吹栄希前主将から譲り受けたもの。託された思いを胸に、まずは秋を制する。

 【9月22日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場