学法福島ナイン、3位決定戦へ鼓舞 主将・深堀「明日がある」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法福島―日大東北】8回、円陣を組んでから守備に就く学法福島ナイン

 敗れた学法福島の主将深堀勇侍(2年)は「マイナスに考えても仕方ない。明日がある」と、3位決定戦に向けて気持ちを切り替えた。

 3試合連続逆転勝ちと粘り強い打撃力で勝ち進んできた。しかしこの日は散発2安打と打線が沈黙。相手エースの変化球に食らい付くが打球は守備位置の正面を突くなど運のなさも重なった。終盤の守備では円陣を組み「自分たちがやってきたことを出し切れてないぞ」とナインを鼓舞した深堀。東北大会の切符が懸かる最後の1試合に奮い立たせた気持ちをぶつける。

 【9月23日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第6日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」開幕 令和初の甲子園懸け熱闘始まる