日大東北・富樫、9回に意地の同点打 「自分のミス取り返す」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【日大東北―酒田南】9回裏日大東北2死、同点に追い付く適時二塁打を放ち、ガッツポーズする富樫

 「勝ちきれなかったのは打者陣の力不足」。9回に同点打を放った日大東北の富樫亮太(2年)は試合後、悔しさを隠さなかった。

 3回に自らの送球ミスで先制点を献上した。その後は互いに得点を奪えず、1点差のまま迎えた最終回。「自分のミスで追う展開になった。どこかで返さないとという気持ちだった」。仲間がつないでつくった好機に、内角の直球をセンター方向にはじき返す同点打で意地を見せた。

 しかし、延長戦では身長191センチの長身から投げ下ろす酒田南のエースを打ち崩せなかった。捉えた当たりも守備の正面を突くなど運もなかった。

 【10月13日の福島県代表・試合結果】秋季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「全国都道府県対抗駅伝」上位入賞誓う 福島県選手団・結団式