山下航平がリオ五輪代表 男子三段跳び、父に続き出場へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本陸上競技連盟は13日、リオデジャネイロ五輪の追加代表として男子三段跳びの山下航平(21)=筑波大4年、橘高卒=ら3選手を発表した。山下は、同種目の日本記録(17メートル15)保持者で1988(昭和63)年ソウル、92年バルセロナ両五輪に出場した父訓史さん(53)=橘高教=に続き、親子2代での五輪出場となる。福島民友新聞社の取材に「持っている力を全て出し切りたい」と抱負を語った。

 山下は5月の関東学生対校選手権(関東インカレ)でリオ五輪の参加標準記録に到達する自己ベストの16メートル85をマークした。優勝すれば代表入りが決まった6月の日本選手権では記録なしに終わったが、今月10日の南部記念で優勝。追加枠の推薦に向けアピールした。

 リオ五輪は8月5~21日の17日間で28競技、306種目が行われる。陸上男子三段跳びは予選が15日、決勝が16日に行われる。