山下航選手「最大限に力発揮」 陸上・三段跳び、母校で決意語る

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
母校の生徒から花束を受ける山下航平選手(左)=橘高

 リオデジャネイロ五輪の日本代表で、陸上男子三段跳びの山下航平選手(21)=筑波大4年、福島市出身=は25日、母校の橘高で開かれた壮行会に臨み、「自分の力を最大限に発揮することが第一の目標」と初の国際大会への決意を語った。

 同種目の日本記録保持者で五輪に2度出場した教諭の父訓史さん(53)は同校に勤務。山下選手も6月13日から3週間、同校での保健体育の教育実習に参加しており、全校生や教職員から盛大な拍手で迎えられた。

 青山修身校長が「晴れ舞台でベストを尽くしてほしい」とあいさつ、生徒会長の野田陽香さん(2年)が「橘高生の誇り。最高の跳躍を目指してください」と激励の言葉を述べた。この後、山下選手に生徒代表から花束や色紙が贈られた。

 壮行会に先立ち、山下選手は県庁と県体協を訪れた。県庁では内堀雅雄知事から「必ずいい成績が出せる。気負わず頑張ってほしい」とエールを送られ、県体協では片平俊夫副会長から激励金を受けた。

 山下選手は8月4日に時差調整のため米ニュージャージー州に出発、同11日にブラジル入りする予定。男子三段跳びは予選が同15日、決勝が同16日に行われる。