"好天祈願"特大てるてる坊主 いわきサンシャインマラソン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

大会当日の快晴を願い、てるてる坊主に目を書いた清水市長(右)と御代田副会長

 2月8日、いわき市で開かれる「日本の復興を『いわき』から−第6回いわきサンシャインマラソン」まで10日となった29日、当日の好天を祈願するイベントが、いわき市役所で行われた。実行委員会事務局が手作りした特大てるてる坊主が披露され、市役所1階のインフォメーション前に飾られた。

 昨年の前回大会が降雪で中止となったため晴天を祈って制作した。大きさは1メートルあり、大会長の清水敏男市長、大会副会長の御代田公男市体育協会長が目を書き、成功を祈願した。大会当日まで飾られる。29日からはインフォメーションの案内係員が大会名の入ったピンクのボランティアジャンパーを着用、機運を盛り上げている。

民友セレクション