陸上王国へ能力アップ 水保小で出前講座、児童元気

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
陸上王国へ能力アップ 水保小で出前講座、児童元気

笑顔で全力疾走する児童たち

 県は5日、福島市の水保小で陸上競技出前講座を開いた。1〜4年生約50人が元気いっぱい体を動かした。

 「陸上王国福島パワーアップ事業」の一環。子どもたちに運動の基礎となる陸上に触れてもらおうと、県内各地の小学校で開催している。同日は福島大トラッククラブの菊田明博コーチが講師を務めた。

 児童は菊田コーチから指導を受けながら、縄跳びやじゃんけんを交えた遊びに挑戦。3、4年生はスタート練習に取り組み、素早く反応できるための姿勢など、陸上の基本動作を学んでいた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る