増田明美さん、大会盛り上げ 完走目指すランナーを激励

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
増田明美さん、大会盛り上げ 完走目指すランナーを激励

フィニッシュしたランナーに声を掛ける増田さん

 いわき市で8日に開かれた第6回いわきサンシャインマラソンには、スポーツジャーナリストで、スペシャルサポーターとして参加した。増田明美さんは完走を目指すランナーを励ましたり、表彰式でプレゼンターを務めるなど、大会を盛り上げた。

 前回大会は大雪で中止となった。大会前、増田さんは「雪の女王はいないが、2年分の思いを胸に"ありのままの自分"でいわきを一緒に楽しみましょう」とメッセージを送った。「沿道で応援してくれる人が年々増えている。ランナーと沿道の一体感がいい」と2年ぶりの大会に思いがあふれていた。

 資生堂ランニングクラブ"走り指導"

 資生堂ランニングクラブは恒例のランニング教室を開き、市民ランナーにレベルアップのコツを伝授した。須永千尋、當山華乃子の両選手が講師役となり、走る際の正しい姿勢や腕の振り方を指導、市民ランナーの質問にも答えた。

 参加者からは「長距離を走る時のペース配分は」との質問が寄せられ、當山選手は「自分の実力を最後まで出し切れるようなペース配分を練習でつかむことが大切」、須永選手は「ゆっくりとしたペースで入り、最後に上げていく」などとアドバイスした。