「猪苗代湖ハーフマラソン」10月25日号砲 新たに"3種目"

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「猪苗代湖ハーフマラソン」10月25日号砲 新たに

 「猪苗代湖ハーフマラソン2015」は10月25日、猪苗代町総合体育館カメリーナを発着点に開かれる。同町で18日、第1回実行委員会が開かれ、新たに男子ハーフ70歳以上、小学生(4〜6年)男女2キロの3種目を加えることを盛り込む実施要項などを承認した。

 大会は震災と原発事故に伴う風評被害を払拭(ふっしょく)し、本県の安全・安心や美しい自然を国内外に発信しようと開かれる。また、水質悪化が懸念される猪苗代湖の環境保全に考慮した大会を目指す。

 コースは前回と同じ国道49号や国道115号、町内を駆け抜ける全長21.0975キロ。種目は男女、年齢別のハーフマラソンと高校生以上の男女10キロ、中学生男子5キロ、同女子3キロ、親子(小学1〜3年生と父母)2キロの15種目に新たに3種目を追加した全18種目。福島陸協、福島民友新聞社、福島民報社、猪苗代町でつくる実行委の主催、県南陸協、会津陸協の主管、ゼビオの特別協賛。