復興へ坂道駆け上がる 信夫山で「福島絆マラソン」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
復興へ坂道駆け上がる 信夫山で「福島絆マラソン」

勢いよくスタートを切り、傾斜を駆け抜ける出場者たち

 福島市のシンボル、信夫山の坂道を駆け上がる「第4回信夫山古道御神坂・福島絆マラソン大会」は14日、同所で開かれ、男子は高橋友城さん(同市)、女子は橋本由香里さん(三春町)が優勝した。同実行委員会の主催。

 東日本大震災の風化を防ごうとメモリアル事業として毎年開催している。県内各地から男子11人、女子3人計14人が出場した。

 出場者は復興への思いを胸に、同所の旧参道入り口から頂上の羽黒神社までの約4キロ、高低差160メートルのコースを駆け抜けた。

 高橋さんと橋本さんは同神社が認定する幸福男・幸福女に選ばれた。

民友セレクション