一般男子34歳以下は渡辺が初優勝 霞ケ城クロカン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
一般男子34歳以下は渡辺が初優勝 霞ケ城クロカン

【一般男子34歳以下】初優勝した渡辺昴(大玉村駅伝チーム)

 第33回霞ケ城クロスカントリー大会は29日、二本松市の県立霞ケ城公園発着の特設コースで開かれた。好天に恵まれ、県内外から参加した257人のランナーが歴史と伝統の城下町を駆け抜けた。二本松市陸協の主催、福島民友新聞社と同市、同市教委、同市体協などの後援。

 同公園から隣接する観音丘陵遊歩道を舞台に起伏に富んだ4コース、12部門で争い、一般男子34歳以下(8.2キロ)は渡辺昴(大玉村駅伝チーム)が27分46秒で初優勝。一般女子16歳以上(5.3キロ)は桑原絵理(AC須賀川)が22分12秒で初制覇した。

 大会は、8.2キロ(一般男子34歳以下、同35〜59歳、高校男子)、5.3キロ(一般男子39歳以下、同40〜59歳以下、同60歳以上、中学男子、一般女子16歳以上)、2.7キロ(一般女子40歳以上、中学女子)、1.5キロ(小学男子、同女子)の各部門で熱走を繰り広げた。