参加料引き上げへ いわきサンシャインマラソン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市で行われる日本陸連公認のフルマラソン大会「いわきサンシャインマラソン」の実行委員会(会長・清水敏男市長)は29日、同市で会合を開き、安全対策などを充実させるため来年2月14日開催の第7回大会の参加料引き上げを決めた。フルマラソンと5キロ・10キロの一般部門を見直しし、高校生以下が出場する部門は据え置く。見直しでフルマラソンが5000円から7500円、5キロ・10キロの一般部門が3000円から3500円となる。

 初めて1万人規模で実施した今年の第6回大会でシャトルバス運行やコースの安全対策、選手の更衣室などで準備が不十分だったことに加え、降雪対策などの充実・強化が必要とされることから見直した。増額に伴い、チャリティーエントリー部門は廃止する。

 大会名は「日本の復興を『いわき』から 第7回いわきサンシャインマラソン」。第6回大会に続き1万人規模とする。申込期間は9月1日から10月中旬までの予定。福島民友新聞社から渡辺昌俊常務が出席した。

民友セレクション