御代田氏と寺島氏の慰労会で尽力に感謝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
御代田氏と寺島氏の慰労会で尽力に感謝

あいさつする御代田氏(左)と寺島氏

 いわきサンシャインマラソン実行委員会は29日、委員を退任した御代田公男氏(78)=前いわき市体育協会長、寺島文雄氏(74)=前いわき陸上競技協会長=の慰労会をいわき市で開き、尽力に感謝した。

 大会創設から第6回大会まで実行委の中心的な立場にあった。御代田氏は実行委副会長を務めたほか、実行委の前身である市民マラソン準備委員会時代から運営に携わった。

 寺島氏は主管団体として、安全で円滑な大会運営に貢献した。

 実行委会長の清水敏男市長がトロフィーを贈呈、御代田氏は「子どもから大人まで走る姿を見ると開いて良かったと感じた」と振り返り、寺島氏は「今後は陰ながらお手伝いしたい」と謝辞を述べた。

民友セレクション