「トレイルランニング」走り方の技術学ぶ 西郷で講習会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「トレイルランニング」走り方の技術学ぶ 西郷で講習会

山岳ルートでの走り方などの指導を受ける参加者

 険しい山岳ルートなどを走破する「トレイルランニング」の初心者講習会が6月28日、西郷村のキョロロン村と赤面山などで開かれ、受講者が山でのマナーや基本的な技術などを学んだ。NPOふくしまトレイルランニング振興会(真舩孝道代表代行)の主催。

 県内はもとより千葉県市原市、仙台市から20代〜50代までの男女計25人が参加した。キョロロン村のちゃぽランド西郷会議室で真舩代表代行がトレイルランニングを始める上での知識や競技中のマナー、リスクなどを講話した。

 屋外実践講習も行われ、参加者は同芝生広場で準備体操した後、赤面山の標高1000メートル付近のパノラマ展望台まで駆け上がり、登りと下りの走り方などについて技術指導を受けた。参加者は笑顔で新スポーツの持つ魅力や自然と触れ合う喜びなどを実感していた。