福島県内ゲストは室伏さんら 24日から「1000キロリレー」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日本大震災で被災した東北各地から東京までたすきをつなぐ「未来(あした)への道1000キロ縦断リレー2015」(24日〜8月7日)で、主催する東京都スポーツ文化事業団は22日、本県を走るゲストランナーを発表した。

 ゲストランナーは区間で分かれ、アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治さん、元サッカー選手で日本サッカー協会理事の北沢豪さん、福島市生まれでバンクーバー五輪スピードスケート銀メダリストの穂積雅子さん、福島市出身の女優白羽ゆりさんら。リレーは青森から東京までランニングと自転車で、15日間かけて被災地をつなぐ。本県では31日〜8月4日に通過する。

民友セレクション