女子総合は五十嵐悠が優勝 伊達ももの里マラソン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
女子総合は五十嵐悠が優勝 伊達ももの里マラソン

【10キロ女子高校生以上29歳以下】初の女子総合優勝を飾り、クイーンカップを手に笑顔を見せる五十嵐悠(山形・天童東村山駅伝)

 小雨がぱらつき、8月の気温としては"異例"の20度以下という環境の中、スタートした女子の高校生以上29歳以下10キロの部。2年ぶりに出場した「ももの里」で同部門を制した五十嵐悠(26)=天童東村山駅伝=が女子総合優勝を果たし、クイーンカップを手にした。「記録も順位も狙っていなかったけど、(優勝は)うれしい」と喜びの表情を浮かべた。

 先頭集団を追い掛ける展開でレースが始まったが、焦ることなく1キロ4分以内と自ら決めたペースを貫き、食らい付いた。5キロすぎの折り返し地点で、先頭を捉え、「抜けるかな」と勝負を仕掛け首位を奪取。その後も冷静にペースを守り先頭をキープした。大観衆が見詰める中、ゴールテープに飛び込んだ。

 岩手県の北上陸上競技場で29日に行われた東北総合体育大会の陸上女子1万メートルに出場したばかりだったが、「疲れはなかった。逆にレースの緊張感を維持できたのが良かったのかも」と勝因を分析した。

 「山形で地元のロードレース大会も控えている」。疲れ知らずの女王は、早くも次のレースを見据えた。