101校から880人が熱戦 福島で「県ジュニア陸上大会」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
101校から880人が熱戦 福島で「県ジュニア陸上大会」

標準記録突破に挑む選手たち

 中学生による県ジュニア陸上競技選手権大会は8月30日、福島市の信夫ケ丘競技場で開かれ、男子A110メートル障害で、同21日の全国中学校体育大会の同種目で日本一になった高橋直生選手(福島一)が優勝した。福島陸上競技協会の主催。

 県内101校から約880人が出場した。各種目の標準記録突破者か優勝者は10月23日から横浜市で開かれる第46回ジュニアオリンピック陸上競技大会に出場する。