福島県内外の1200人が健脚競う しらかわ郷里マラソン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
続々とゴールする出場者

 第14回しらかわ郷里(ふるさと)マラソン大会は24日までに、白河市東の東風の台運動公園を発着点に開かれた。県内外から参加した1200人を超えるランナーが力走した。

 本県を中心に17都府県のランナーがエントリー。距離・年齢別に分かれ、健脚を競った。昨年、今年の箱根駅伝で活躍した同市出身の今井憲久さん(東洋大)がゲストランナーで参加した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」13日開幕 福島県勢3校、センバツへ闘志